snj Robot Laboratory

自作二足歩行ロボットの製作過程の記録と記憶です。

遂に。

2013-06-10 Mon 11:30:41



コロンコロン。

2013-05-12 Sun 20:41:20

先々週くらいから改造中。
白い部品が多くなってきたな…

アルミ部品破損の巻

2013-04-29 Mon 23:06:22

A5052でこんな部品を作ってはいけません。
という見本。
A2017でパーツばらして作るべし、だ。



IGNIS ROBO-ONE22バージョン

2013-03-29 Fri 19:48:27

今回のROBO-ONEで改造した項目を。

まずコンセプト。
・バッテリー不足を解消する。
・カニバサミをつける。
・膝部分のサーボを壊れにくくする。
の3点。

これらを実現するにあたり、問題点を整理する。

・バッテリー不足
現状の1100mAhではどうにもならん。
でかいのをつけようかと思ったけど、搭載できる場所がない。
改造すればなんとかなるけど、どうしてもプロポーションが崩れてしまう。
ならば1100mAhの二重化か。
というわけでお腹の内部を確認。
…受信機をどかせば入る。
しかし受信機はどこに?
いや、PGB-001があるじゃないか!
ということでVS-C1の受信機をとっぱらう。
以下画像にて。

胴体外観。


胴体の中身をちら見せ。


黄色いのがVS-C1の受信機と、それを載せてる板金。


外したとこ。


そこへバッテリー二重化。


うむ、入った。

次はカニばさみ。
けど、バッテリーを一本増設し、さらにカニばさみとなると間違いなく重量オーバーになってしまう。

というわけでカニばさみの設計をしながら軽量化のアイデアを探す。
…探せない、見当たらない。

ずっと避けてきた「サーボ分解」をやるしかない。
NAKAYANさんのレグホーン実機を見たことも契機になり、ついにサーボ分解実行に。

せっせとばらす・・・






め・・・めんどう・・・
しかしせっせと頑張る。
夜な夜な3日くらいかけて頑張った。

さてカニバサミの設計だ。

ちなみに。いままでの腕。
一度だけだけど九州三銃士を倒せて良かった。ありがとう。
でももうサヨナラなんだ。


レイアウト図を描く。


大幅に端折って。
いろいろ紆余曲折あり作図完成。


実は肩ピッチと肘ヨーにはスラストベアリング入れてます。




・・・えーと、まだまだイロイロ改造したんだけど・・・続きはまた次回!
(いつになるかは分かりません、あしからず〜)

ROBO-ONE 22th に参加してきました。

2013-03-05 Tue 00:25:07

3月23日、24日に行われたROBO-ONE22thに参加してきました。
結果はごらんのとおり。
http://www.robo-one.com/roboone1/index22.html

まったく精進が足りない。

次こそ一回戦突破だ!

モーションのつくり込みが全然足りなかった。
操縦は言わずもがな。
工程管理は・・・少しだけ達成できた・・・かも。

現状のIGNISはもうこれくらいにして、次のロボットをつくらなきゃ。

が、がんばるぞー!



今回、ようやくカニばさみがついたIGNIS。