snj Robot Laboratory

自作二足歩行ロボットの製作過程の記録と記憶です。

ロボファイト10 ORC

2009-10-12 Mon 19:19:34

ロボファイト10 ORCの結果。

優勝は「ガーゴイル・ミニ」
準優勝「YOGOROZA」
三位は「レグホーン」と敗者復活で優勝した「delraich」。

IGNISは初戦の道楽さんに敗退し、敗者復活戦へ。
敗者復活の一回線はマノイ「どすぐろいの」。

マノイとは果し合いバトルでもやってたので、ある程度落ち着いて操作できたのではないかと。

二回戦で「unfix MKII」に敗退。

今回も合計三試合。

とにかくもっと経験つまないとダメだということを再認識。
操作が遅い、判断が悪い。

とまあ、試合はこんな感じだったけども、ずっと見てみたかった「ハンマーヘッド」を直に見れたのが良かった。
あんまり観察できなかったのが残念。
話してるほうが面白くてついつい。

九州のYOKAロボやヒューマノイドカップが面白いのは言うまでもないけども、ロボファイトはまた違った面白さがある。
次回も都合がつけば、是非また行きたいと思う。


あ、最後のバトルカオスでIGNISの左肩のフレームが折れてしまったのは、いい加減アームを作りなおせという啓示だと思ってます。

早速再設計してるけど、余剰部品をなるべく使ってみたい。

…まあ、軍事予算も削減しないとね。

コメント

なんとか・・・

snjさん
ロボファイト10お疲れ様です。
僕も、YOKAロボ10に出場しながら応援してました。
YOKAロボの方は、かなりサプライズの多い大会だったように
思います。

まず、初戦で拓歩が後輩ロボット「震電」に負けてしまいました
試合中に、脚付け根のフレームが折れたのですが、
それでも負けは負けです。
いきなり、後輩に負けたのはかなりのショックと共に
嬉しい出来事でもありました。

後輩は順調に勝ち進んでいき、ついに決勝戦まで、
スーパーディガーVS震電の戦いでしたが、
ここでもサプライズが!

なんと、ディガーのギアが欠けた影響もあってか、
後輩が勝利。優勝してしまいました。

結果、1位震電 2位スーパーディガー 3位マノイ・マノン
だったわけですが、心優しいマグネットさんからまたもや、
JSRC代表権を譲ってもらい、
なんとか、拓歩もJSRCに出場できることとなりました。

次回こそは、後輩に負けないように頑張ります。
p。s
788の時代ではなく、2552の時代だと痛感させられた大会でした。

おお

お疲れ様。
JSRC YOKAロボ代表おめでとう。
後輩に負けるってのは悔しいような、嬉しいような、そういう気持ちになるよね。

サーボはどんどん進化してるけど、拓歩で培った操作技術は宝物だと思います。
これからも頑張ろう!

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら