snj Robot Laboratory

自作二足歩行ロボットの製作過程の記録と記憶です。

大腿ロールのブラケット

2011-01-17 Mon 00:22:41


だめだ。

大腿ロールを改造してしばらくたつけど、改めてダメ。
M2のネジが緩んでしまう。

やはりかなりの負荷にさらされているからか。

嵌め込み増やすか、曲げにするか。

うーん、めんどう…

コメント

うむー、緩んでしまいますかー。
ハンマーヘッドは全く問題ないんですけど;

やはり縦横方向(縦は一方向ですが)に嵌め込み作ったほうが安定するのでしょうか。

ふむー

ハンマーヘッドは大丈夫なのですね。
バカ穴側は径いくつにしてます?
私は手加工タップのズレを考えて、φ2.2にしてます。
こういうのも影響してるかなーと考えてますが…
あとは…
3mmの側面なので、タップが緩くなっているか…かなあ。

>バカ穴側は径いくつにしてます?
φ2.0のギリギリ寸法です。
確かに手加工失敗すると泣きますが、何とか精度出せてます^^;

>3mmの側面なので、タップが緩くなっているか…かなあ。
むむむー。
私のは負荷かかる部分は全てt4.0ですね。
ハンマーヘッドの大腿ロールサーボの上の板金(外側に少し寄ったトラス板金)はt3.0mmですが、基本的にねじれ剛性稼ぎに使っているフレームなので、負荷のかかり方に違いはあると思いますねぇ。

ありがとうございます

φ2ですか。
やっぱりそうしないとな。
次回は罫書き面倒だから治具作って正確にあけよう。

>負荷がかかる部分は全てt4
前にも言ってましたねえ。t3にM2タップだと、残り肉厚は0.5mmだからなあ。
うーん。そうするかなあ。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら